作者別: allinonesite

ブラックジャックの初心者が知っておく基本的なルールや遊び方

ブラックジャックの初心者が知っておく基本的なルールや遊び方
ブラックジャックは国内でも有名なトランプゲームですので、ある程度のルールはご存知かもしれませんが、オンラインカジノは実際のお金を賭けたギャンブルです。
ギャンブルである以上、中途半端な知識では後悔する結果を招いてしまう恐れがあります。
だからこそブラックジャック初心者の方はオンラインカジノでも通用する最低限のルールを知っておかなければいけません。
そこで今回の記事では、ブラックジャックの初心者が絶対にしっておくべき基本的なルールや遊び方についていくつか解説していきます。
ポイントは「21」と「17」で、これを完全に理解することが、ブラックジャック攻略への一番の近道となります。

ディーラーよりも21に近ければ勝利

ブラックジャックの基本は、ディーラーよりも21に近ければ勝利となり、ベット金額に対して2倍の配当を得られます。
「A」と「10(または絵札)」のブラックジャックで勝った場合には配当が2.5倍と高くなります。
まず最初に2枚のカードが配られ、ディーラーのカードは1枚のみオープンしており、残り1枚は伏せられています。
このオープンカードからディーラーの合計数字を予想し、ヒット(カードを1枚もらう)するか、それともステイ(現在のカードで勝負)するかを決めます。
ほかにも「ダブルダウン(ベット金額を2倍にする)」「スプリット(2枚のカードを2つに分ける)」「インシュランス(ディーラーがブラックジャックの時にもらえる保険)」など、いくつかのアクションがあります。
しかしブラックジャック初心者の場合にはヒットかステイのどちらかのみで問題ありません。

21を超えたらその時点で負け確定

21を超えたらその時点で負け確定
ブラックジャックはカードの合計数字で21を目指しますが、21を超えてしまった場合にはバーストとなり、その時点で負けが確定します。
その後、ディーラーも同じくバーストしたとしても結果は変わらず、21を超えた時点で勝負は負けとなります。
合計数字が14や15などの中途半端な数字ではヒットしたくなるものですが、ブラックジャックは絵札も10と数えるため、必然的に10が出やすいゲームです。
つまり11以上でヒットすると、その時点でバーストする可能性が高いため、ヒットやステイは慎重に考えなければいけません。
ベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略に従うことで簡単に選ぶべきアクションが決まりますが、ブラックジャック初心者がこれを覚えるのは正直大変です。
まずは21を超えたらその時点で負け確定という事実を理解しましょう。

ブラックジャックで引き分け以上が確定

最初に配られた2枚のカードの合計数字が21だった場合、ブラックジャックが成立し引き分け以上が確定します。
よくカードの枚数に関係なく21になればブラックジャック!っと思っている方がいますが、ブラックジャックは最初の2枚だけですのでご注意ください。
ブラックジャックになった時点でそれ以上アクションはできなくなり、ディーラーのオープンカードが「A」または「10(または絵札)」以外だった場合には、すぐに2.5倍の配当を得られます。
ただし「A」と「10(または絵札)」がオープンカードだった場合には、ディーラーにもブラックジャックの可能性があるため、配当は後回しになります。
最終的にお互いがブラックジャックですと引き分けとなり、残念ながら配当は得られなく、ベットした金額分だけが戻ってきます。

ディーラーは17以上になるまでカードを引く

ブラックジャック以外では自由にヒットかステイを選べる権利がプレイヤーにはありますが、ディーラーは17以上になるまでカードを引かなければいけないルールがあります。
極端な話、例えばプレイヤー全員が13でステイし、ディーラーの手札の合計が16だったとします。
この時点でディーラーの勝ちですが、17以上になるまで引かなければいけないため、バーストして自爆する可能性が出てきます。
「ここのディーラーは強いから別のテーブルへ移動しよう」と、ディーラーの強さを理由にテーブルを移動される方がいますが、実際にはルールに従ってカードを引いているだけですので、ディーラーの経験は勝敗に全く関係ありません。

まとめ

まとめ
今回は、ブラックジャックの初心者が絶対に知っておくべき基本的なルールや遊び方について簡単にご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
ブラックジャックは日本でも広く遊ばれているトランプゲームですので、ある程度のルールはすでにご存知かと思います。
しかし一般家庭や友達同士で遊ぶブラックジャックと、オンラインカジノのブラックジャックとではルールに大きな違いがあります。
まずはオンラインカジノにおけるブラックジャックのルールを完璧に覚えなければ、安定した勝利を掴むことができません。
またベーシックストラテジーはブラックジャックで勝つために必要不可欠な戦略ですので、最初のうちはメモを見ながらアクション選ぶと良いでしょう。
ランドカジノではメモを見ながらのプレイはできないケースが多いですが、オンラインカジノでしたら堂々とそれが可能なのです。

ベラジョンカジノの出金のメリットや注意点の紹介

ベラジョンカジノは多彩なゲームが用意され、人気タイトルも多く、遊ぶにも十分楽しめるカジノです。
そんなベラジョンカジノは、一般的なオンラインカジノ同様に儲けた分を出金できるカジノでもあります。

そこで今回、ベラジョンカジノの出金について、そのメリットや注意点を解説し、まとめました。
これを読めばきっとベラジョンカジノの出金についてわかるのではないでしょうか。
それではお話していきましょう。

ベラジョンカジノの出金のメリット

ベラジョンカジノの出金のメリット
ベラジョンカジノの出金のメリットは3つあります。
それは、比較的迅速に出金できる、手数料が無料のものが多い、そしてボーナスとキャッシュは別々にカウントされる点です。

ベラジョンカジノの出金は1~3日程度で完了する場合が多くあります。
オンラインカジノによっては2週間程度かかるものもあるので、このスピードは速い部類です。
特に銀行振り込みは、通常10日程度かかる場合が多いのに対し、ベラジョンカジノでは2~3日で振り込まれます。

手数料が無料のものが多いのも特徴です。
ベラジョンカジノは銀行振り込みや電子マネー、ビットコインといった出金手段があります。
一般的なオンラインカジノであれば、それらのいくつかは手数料が発生する場合もあるものの、ベラジョンカジノは仮想通貨やマッチベターは無料です。
ビットコインはシステム自体に支払う手数料があるため、実質無料ではありませんが、それでもカジノ側が手数料を取らないのはメリットと言えるでしょう。
また電子決済は50ドル以上出金の場合は手数料無料になります。

ボーナスとキャッシュが別々にカウントされるのがメリットです。
キャッシュとボーナスが合わさっているとカウントがとても分かりにくいのですが、別々にしてあることで分かりやすくなっています。
更に出金時もキャッシュだけでも出金条件をクリアしていれば、キャッシュ分だけでも出金できるのはメリットです。

ベラジョンカジノの出金の注意点

ベラジョンカジノの出金の注意点
ベラジョンカジノの出金の注意点は5つあります。
それは受け取ったボーナスにより賭け条件が変化すること、入金と同じ方法でないと出金できないこと、アカウント放置で手数料が発生すること、過去90日以内に入金がない場合にはコインが全額没収といった点です。

ボーナスを受け取ると賭け条件が変化します。
通常は、ベラジョンカジノも入金した金額と同じ金額だけプレイすれば出金することが可能です(賭け条件1倍)。

しかし、ボーナスを受け取ると、ボーナスを受け取った金額の20倍プレイしなければいけません。
賭け条件が20倍になるという点に注意しましょう。

また、スロットはプレイした金額がそのまま賭け条件の消化になりますが、それ以外のゲームでは異なります。
例えばブラックジャックの場合は、100ドル遊んでも10ドル分しか遊んだことにならないので、その点も注意が必要です。

入金と同じ方法でないと出金できません。
例えば、電子マネーのエコペイズで入金した場合、エコペイズ以外の出金方法は認められないため、最初から出金したい方法で入金しましょう。
例外として銀行送金はクレジットカードでの入金を行った場合のみ利用でき、アカウント認証が必須になるので注意しましょう。

ベラジョンカジノのアカウントを12か月以上放置すると、毎月10ドルの管理手数料が発生する制度になっています。
そのため、久しぶりにログインしてみたらチャージした金額がずいぶん減っていたということもあるので注意しましょう。

こういった状況を回避するにはアカウント閉鎖の手続きを取ることが必要です。
または、出金可能な金額をすべて引き出してしまうのも有効です。

先ほどの管理手数料と混同されがちですが、過去90日以内に入金がない場合は、コインが全没収されてしまいます。
このコインとは、チャージされたキャッシュではなく、ベラジョンカジノの利用でもらえるポイントのようなものです。
ログインや入金、リアルマネーでプレイするごとにコインが付与されます。
このコインはベラジョンカジノの様々なサービスで利用できる便利な存在です。

しかし、90日入金がない場合は全額没収されてしまうので、入金の予定がない場合は、早めに使ってしまいましょう。
また、貯めたい場合は最低3ヶ月に1回はベラジョンカジノへの入金をする必要があります。

ベラジョンカジノの出金関連の違法行為

ベラジョンカジノの出金関連の違法行為
ベラジョンカジノの出金関連で違法となる行為もあります。
それは、出金条件を満たさない状態での出金要請、他人名義での入出金です。

先ほど触れたとおりベラジョンカジノには出金条件があります。
この出金条件をクリアしていないのに、運営に出金要請を行うのは違法行為とされます。
一回程度であれば、ミスもあるので見過ごされますが、頻繁に要請する場合は違法行為とみなされ処分されるので注意しましょう。

他人名義での入出金も禁止されています。
あくまで自分自身がプレイして自分名義でベラジョンカジノに入出金しなければいけません。
こちらも看過されることもありますが、常態化していると、いきなり処分を受ける可能性があります。

これらの違法行為が発覚すると、何の前触れもなしにアカウント凍結などの処分がされてしまいます。
そうなると、チャージした金額が実質全没収され、プレイもできなくなるので注意しましょう。
規約をしっかり確認し、疑問点があればお問い合わせしてみましょう。
ベラジョンカジノでは時間帯が決まっていますが、チャットやメールでのサポート対応し日本語でやり取りができるので安心です。

ネットカジノは違法でもなければ安心して楽しめるコンテンツ

ネットカジノは気軽に大きな利益を狙えるコンテンツとして世界的に高い人気を集めています。
もちろん日本人プレイヤーも多くが楽しんでいます。
高いペイアウトもあって、日本の他のギャンブルよりも大きなチャンスが潜んでいることから、一攫千金を狙っているプレイヤーも多いです。

しかし、ネットカジノは違法なのではないかとの疑念から、ネットカジノを楽しめずにいる人もいるようです。
楽しんでいる人がいる一方で、違法なのではとの声もあるネットカジノ。
果たしてどちらの方が正しいのか、法律的な解釈も含めていろいろと見てみるとしましょう。

ネットカジノは違法なの?

ネットカジノは違法なの?
なぜネットカジノが違法なのかといえば、国内の法律の影響です。
法律は各国それぞれ異なりますが、日本の法律に関しては賭博は違法です。
この点は紛れもない事実です。
日本国内ではカジノを含めた賭博行為が禁止です。

許されているのは競馬、競輪、競艇といった公営ギャンブルのみで、その他の賭博は、お客に提供するタイプはもちろんですが、仲間内・身内でのちょっとした賭博も、現金が絡んだ場合はアウト、つまり違法です。
これだけ厳しいからこそ、賭博行為に対して慎重を期している人も多いのでしょう。

そのため、ネットカジノに対しても違法なのではないかと考え、プレイを躊躇している人がいるのも分からない話ではありません。
むしろ単純に、いくらインターネット上ではあっても公営ギャンブルではないので違法だと考える人が多いことでしょう。
しかし、結論を言えばネットカジノは違法ではありません。

ネットカジノが違法ではないその理由とは?

ネットカジノが違法ではないその理由とは?
なぜネットカジノが違法ではないのか。
国内の法律では賭博は違法であるにも関わらず、ネットカジノは違法ではありません。

その答えとして、法律の適用範囲が挙げられます。
まず、法律とは人によって定められているものではなく、場所です。

例えばですが、日本人がアメリカに旅行したとします。
その際、アメリカではアメリカの法律が適用されます。
アメリカと日本は法律が異なる部分もありますが、例え日本では違法行為だとしても、アメリカで合法であれば法に問われることはありません。
逆にアメリカ人が日本に足を運んだ際、アメリカでは合法でも日本では違法なことをすれば、違法です。

このように、法律とは「誰が」を定めたものではなく、「どこで」を問うものとなっています。
しかしここで問題があります。
そうです、インターネットです。
インターネットとはまさにボーダレス。
日本国内にいながらにして世界中のコンテンツを利用できるサービスです。
つまり、場所という概念そのものがありません。

日本にいながらにして海外のコンテンツを利用することもできれば、逆に海外旅行や出張中に日本のサイトをチェックしたり、コンテンツを利用することも可能です。
そのため、法律をどのような形で適用させるかが議論されたこともありましたが、近年では設置されているサーバーの国・地域の法律を適用させる型式に落ち着いています。
そこでネットカジノです。
実はネットカジノは、基本的に海外のコンテンツです。
日本語のホームページやサポートが用意されており、気軽に楽しめるので海外のサービスだと知らずに楽しんでいる人がいても不思議ではありませんが、実は海外のサービスです。

さらに付け加えるのであれば、ネットカジノはカジノが合法な国・地域のサーバーにて運営されているケースが一般的です。
また、合法な国・地域に於いて営業のためのライセンスを取得しています。

決して誰もが勝手に運営してよいものではなく、ライセンスの認可を得ての運営となっています。
つまり、海外では合法なものなのです。

海外で合法であれば日本人が利用しても違法ではない

海外で合法であれば日本人が利用しても違法ではない
合法な国・地域のサーバーにて運営されているネットカジノを日本国内から利用していますので、日本人であっても違法ではないことが分かります。
先にもお伝えしたように、法律は場所で決まるものです。
そしてネットカジノは違反ではない国・地域のサーバーにて、正式なライセンスを取得して運営していますので、法に触れるものではありません
確かに日本の法律に照らし合わせればネットカジノは違法ですが、そもそも日本の法律が適用される場所で営業していません。

海外のサーバーにて運営されていますので、適用されるのは日本の法律ではなく、サーバーを設置している国・エリアの法律が適用されます。
そして、そこでは違法ではなく適法なのです。
日本人がネットカジノを楽しんでも違法ではないものであることが分かるのではないでしょうか。

ネットカジノは海外のサービスだから違法ではない

ネットカジノは日本ではなく海外のサービスなので、日本の法律の範囲の話ではありません。
日本人が日本国内からでも気軽に楽しめるコンテンツなので、日本の法律での話をしてしまいがちなのですが、そもそも海外のサービスであるネットカジノに日本の法律を当てはめる方がナンセンスな、安心して楽しめるサービスであることが分かります。

オンラインカジノのスロットマシンに設定は存在するのか?

オンラインカジノのスロットマシンには、日本のパチスロのようにペイアウト率が変わる「設定」があるのか気になるところです。
もし設定が存在するのであれば、高設定のスロットマシンを見極めることで、勝率が飛躍的に上がること間違いありません。
そこで今回は、オンラインカジノのスロットマシンに設定は存在するのか?設定師のような役割の人はいるのか?などを詳しく解説していきます。

そもそも設定とは?

そもそも設定とは?
ギャンブルにおける設定というのは、主に日本のパチスロに付帯されるもので、自由にペイアウト率を変更できる機能のことです。
機械割、還元率、払戻率などと呼ばれることもあります。

最近では3段階や4段階設定といった特殊な設定機能もありますが、基本的には6段階となります。
設定1よりも設定2の方が勝ちやすく、設定2よりも3、3よりも4、そして最大の設定6では、よほどのことが無い限り、ほぼ勝つことができます。

設定によるペイアウト率の違いとして、最近では約96~115%ほどですが、爆裂機が主流だった4号機時代では、200%を超えるパチスロも存在していました。
パチスロで勝つためには、目押しのテクニックや知識も大切ですが、この設定が最も重要な要素であり、勝敗を左右します。

ただしペイアウト率というのは、あくまでも目安であり、場合によっては大きく偏りが生じることもあります。
短期では無く、長期スパンでプレイした場合に、最終的に落ち着くのがペイアウト率なのです。

オンラインカジノのスロットマシンに設定はある?

オンラインカジノのスロットマシンに設定はある?
ではオンラインカジノのスロットマシンに、パチスロで使われている設定は存在するのでしょうか?
結論から書かせていただきますが、オンラインカジノのスロットマシンに設定は存在しません。
いつどんなタイミングで遊んでも、全てのプレイヤーに平等の確率で抽選が行われており、設定による勝敗率の格差はありません。

オンラインカジノのスロットマシンの抽選は、全てRNGと略される乱数発生器が使われており、常にランダムで抽選結果が排出されています。
ミリ秒毎に数字をランダムで選んでおり、そこで選ばれた数字によってリール上に停止する絵柄が決定し、当たりとハズレを演出しています。

RNGには1~40億個以上の数字を入れることが可能で、この莫大な量の数字の中からミリ秒単位で1つ選んでいるのですから、とてつもなく処理速度が早く高機能なツールだということがわかります。
以上のことから、オンラインカジノのスロットマシンは、パチスロのように不平等ではなく、全てのプレイヤーに公平性が保たれているギャンブルだとご理解いただけたかと思います。

スロットマシンにRNGを搭載している理由

スロットマシンにRNGを搭載している理由
オンラインカジノのスロットマシンにRNGを搭載している理由は、「安定した収益確保」「運営側の不正防止」の2つが挙げられます。
RNGを搭載することで、最終的には必ずペイアウト率に落ち着くため、オンラインカジノ運営側にとって安定した収益の確保に繋がります。
もちろんそのためには多数のプレイヤーにスロットマシンで遊んでもらう必要がありますが、パチスロのように高設定を入れることで店側が大赤字になるようなこともありません。
そしてRNGによって、オンラインカジノ運営側の不正ができない仕組みが確立しています。

どんな時でもRNGでランダム抽選しているため、運営側が意図的に大当たりを引かせないようにするイカサマ行為も絶対にできません。
巧妙な手口でスロットマシンのプログラミングをいじったとしても、RNGを搭載している限り、ペイアウト率が変わることは無いのです。

そもそもオンラインカジノでは、第三者機関による監視が常に行われているため、RNGはもちろん、スロットマシンのプログラミングすらもいじることは出来ません。
このように安定した収益確保と運営側の不正防止にRNGは必要不可欠であり、結果的にオンラインカジノプレイヤー全員に平等なギャンブルとなっているのです。

まとめ

今回は、オンラインカジノのスロットマシンに設定は存在するのかどうかを解説させていただきました。
オンラインカジノのスロットマシンが、全てのプレイヤーに平等のギャンブルで、運営側も意図的にイカサマ行為ができないことをご理解いただけたかと思います。
スロットマシンに搭載しているRNGは、まさにスロットマシンの心臓部であり、決して止まること無く稼動しています。
パチスロのように設定によって勝敗が左右されることはありませんのでご安心ください。

ただしこれはあくまでもライセンスを所有する合法オンラインカジノに限っての話です。
ライセンスを持たずに違法で運営しているオンラインカジノでは、意図的にペイアウト率を変更できる違法スロットマシンを導入しているサイトも多くあります。
平等でスロットマシンを楽しめるのは、ベラジョンカジノやカジ旅、カジノシークレット、ラッキーニッキーカジノ、ジパングカジノなどの合法オンラインカジノだけです。
イカサマ行為を平然と行っている違法オンラインカジノで遊んでも決して勝てませんので、絶対に登録してはいけません。

エコペイズからの出金方法とそれぞれのメリット・デメリット

エコペイズはさまざまなオンラインカジノで使われており、オンラインカジノで遊ぶ際は用意したい決済手段の1つです。
入金だけではなくオンラインカジノからエコペイズへの出金もできますが、さらにエコペイズの口座から出金を行えば現金として使えます。

では、エコペイズではどういった出金方法があるのでしょうか。
この記事では、エコペイズの出金方法とそれぞれのメリット、そして出金する際に注意するべきポイントなどを紹介していきます。

エコペイズの出金方法には3種類ある

エコペイズの出金方法には3種類ある
エコペイズは入金して決済手段として使うだけではなく、口座内の残高を出金して現金にすることも可能です。
その際の出金方法には3種類あり、それぞれ違った特徴を持っています。
そして、それぞれの出金方法の共通点は、すべてこちらが指定した銀行口座へ出金されることです。

まず1つ目の出金方法は、高速現地送金です。
この出金方法は、日本国内にある収納代行業者を介して出金する方法になります。
国内の業者から指定した口座へ振り込まれるためトラブルが少なく、振込完了までもスピーディーなのが特徴です。

続いて2つ目の出金方法は、ローカル出金です。
ローカル出金は高速現地送金とほとんど同じで、日本国内の収納代行業者を介して出金を行います。
ただし、高速現地送金で出金するよりも出金完了まで時間がかかる傾向です。
そのため、エコペイズの口座から出金する場合、ローカル出金よりも高速現地送金を利用する人が多いです。

そして3つ目の出金方法が、国際送金による出金です。
指定した銀行口座に振り込まれるのは同じですが、海外の銀行から送金されるという違いがあります。
エコペイズで出金手続きを行ってから銀行口座に入金されるまで、他の出金方法よりも時間がかかります。

高速現地送金を利用してエコペイズから出金するメリットとデメリット

高速現地送金を利用してエコペイズから出金するメリットとデメリット
高速現地送金を使った出金のメリットは、一番出金にかかる時間が短いということです。
高速現地送金は、日本国内の収納代行業者を介して入金されます。
そのため、すべての手続きが完了してから1時間程度で指定した口座に振り込まれることがほとんどです。
また、トラブルも少なく、安心して出金を行えます。

対して、高速現地送金はまとまった金額の出金を行うと、国際送金と比べてかかる手数料が多くなってしまいます。
国際送金は手数料が固定されていますが、高速現地送金に関しては出金額に対して1%と手数料が決まっています。
そのため、まとまった額を金額の出金法としては高速現地送金はあまり向いてないといえます。

ローカル出金を利用してエコペイズから出金するメリットとデメリット

ローカル出金を利用してエコペイズから出金するメリットは、高速現地送金と同じく、トラブルが少なく短い時間で出金できることです。
ローカル出金も日本国内の収納代行業者を介して指定した口座へ入金されます。
そのため、ローカル出金も高速現地出金と同じく安心して利用しやすい出金方法です。
ただし、ローカル出金は高速現地出金よりも入金完了まで少し時間がかかります。

そして、ローカル出金を利用した出金のデメリットは、まとまった金額だと手数料が国際送金よりも高くなってしまうことです。
これも高速現地出金と同じで手数料が出金額の1%と決まっているからです。
つまり、ある程度まとまった大きな額を出金する場合は、ローカル出金以外の方法で出金したほうが手数料を抑えられます。

国際送金を利用してエコペイズから出金するメリットとデメリット

国際送金を利用してエコペイズから出金するメリットとデメリット
国際送金を使って出金するメリットは、大きな額の出金を行う際に手数料を抑えられることです。
他の2つの出金方法に関しては、出金額に応じて手数料が決まりますが、国際送金は手数料が固定で決まっています。
そのため、まとまった金額を出金する場合は国際送金で出金するのが最適です。

対して、国際送金は着金まで時間がかかり、トラブルになりやすいのがデメリットです。
他の出金方法だと時間がかかっても銀行の翌営業日には入金がありますが、国際送金だと着金まで1週間かかることもあります。
また、国際送金はトラブルが多いです。
特に、海外からの大きい金額の入金は銀行側が受け取りを拒否する場合があります。

エコペイズの口座からうまく出金をしよう

今回は、エコペイズの口座から出金する方法について詳しく紹介してきました。
エコペイズからの出金方法は高速現地出金とローカル出金、国際送金の3種類で行えます。
それぞれにメリットやデメリットがあるため、そういったことを理解した上で自分に合った出金を方法を選ぶことが大切です。

また、基本的にエコペイズから出金する際は外貨から円に換金する必要があり、出金手数料と同時に為替手数料がかかります。
そのため、出金はこまめに行わず、まとめて行った方が手数料で引かれる金額が少なく済みます。
紹介してきたことをしっかりと理解した上で、うまくエコペイズの口座から出金を行いましょう。

ブラックジャック完全マスターのため知っておくこと

オンラインカジノにおけるブラックジャックの遊び方は、とてもシンプルで、プレイヤーとディーラーが一対一で勝負し、手持ちのカードが「21」により近い方が勝ちとなるゲームです。
オンラインカジノ初心者の人でブラックジャックをやってみようと思うかたは、絶対覚えておかなければならないルールも、存在します。
ザックリ分けると、「ディーラーの行動を規制しているルール」と「プレイヤーが選択できる行動のルール」です。
今回は、これらのルールを、簡単に復習していこうと思います。

ディーラーの行動を縛るルールとは?

ディーラーの行動を縛るルールとは

まずは、ブラックジャックの対戦相手、ディーラー側に定められたルールについてみていきます。
大きく分けると3つありますが、まずは2つお伝えします。

1.ディーラーは自分の手持ちのカードの合計が「17」以上になるまで、
カードをヒットし続けなければならない。
引き続ける。
2.ディーラーは自分の手持ちカードの合計が「17」以上になったら、
これ以上カードを引かずステイしなければならない。

まずは、この2つを覚えておきましょう。
上記のルールから「ディーラーは、このルールに沿ってのみ実行され、ディーラーに意思はない」ということが分かるはずです。
ブラックジャック初心者の方は、ディーラーとの一対一の勝負と聞くと
「いきなりプロとの勝負は不安。」
「経験値が違いすぎて勝てない。」
そう思われる方がいるかもしれませんが、安心してください。
ディーラーは自らの意思でヒット・ステイの行動はとれず、ディーラーは人によって、強いも弱いもないのです。

私たちプレイヤーは、もちろん自分で考え、様々な可能性を探り、自らの判断で行動できるため、ディーラーと比べ、かなり優遇されているように見えますが、もう一つのルールは、ディーラー側に有利なものが決められています。
それは、「ディーラーとプレイヤーが双方バーストした時、ディーラーの勝ち」になるというものです。
「22」以上のどの数字でバーストしても、引き分けではなく、必ずディーラーの勝ち、プレイヤーの負けになる、というルールがあるのです。
これら3つのルールは、ブラックジャックで勝ちたいなら、必ず覚えておこう。

プレイヤーが選ぶ戦略オプションとは

プレイヤーが選ぶ戦略オプションとは

次は、プレイヤー側のルール、ゲーム中に選択できる戦略的オプションについて、まずは、最も代表的なものを2つご紹介します。

「ダブルダウン(Double Down)」

ダブルダウンとは、プレイヤーにカードが2枚配られた最初の段階で、選ぶことができるオプションの一つです。
手元に2枚のカードがある状況で、「この後1回しかヒットしないので、今の賭け金を2倍する。」
という効果があります。
このダブルダウンという戦術は、もちろん勝てば掛け金も倍なのでメリットも大きいですが、負けた時のデメリットも大きいリスクの高い手でもあります。

では、どのタイミングで攻めればよいのかというと、相手の手札が弱く、かつ、自分の手札も強いとき。
具体的に例を挙げると、自分の手元のカードの合計が「9」以上の場合や、「A」をもっている時で、ディーラーの表になっているカード(アップカード)が「2」~「6」のような弱いカード(先述の通り、ディーラーは、合計「17」以上になるまでヒットし続けなければならないため、これらの手札の場合、手札が3枚以上になることが確実で、バーストする確率が高くなるため、「弱い」と判断)の場合に使えると、とても効果的です。

「スプリット(Split)」

スプリットも、先ほどのダブルダウンと一緒で、手元に2枚のカードが配られた状態で使うことのできるオプションです。
「手元に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、そのカードを二分して、それぞれ独立した手札としてプレイすること」ができるようになります。
そのため、スプリットを使うと、この分割したカードそれぞれに、新しいカードが1枚ずつ配られていきます。
ダブルダウンとは違い、「一度スプリットした後に1回しかヒットしてはいけない」という縛りはないので、通常通りそれぞれの手札でゲームを続けることが可能です。

スプリットの賭け方は、「初めに支払った賭け金と同額」を2つに分けた方にも賭ける必要があります。
もし、50ドルベットしていたなら、もう50ドル追加でベットすることになります。
しかし、ダブルダウンのように、掛け金が倍になるわけではなく、一度のゲームで二回分のゲームをプレイするという感覚です。

一般的に、スプリットする良いタイミングが2つあります。それは、「8」が2枚そろった場合と、「A」が2枚そろった場合です。
理由は異なるのですが、簡単に説明すると、「A」の場合は、スプリットを選択すれば、「勝つ確率をより上げられるから」で、「8」の場合は、「弱い手を強くするため」です。

最後に

最後に

ブラックジャックのデッキの中には、「10」とカウントするカード(「10」「J」「Q」「K」)が最も多く存在するため、単純計算、確率的に「10」を引く確率がどの数字よりも高くなっています。
そして、1枚目に「A」が揃った場合、ブラックジャックにある確率が最も高く、そしてその手札が2枚あり、もっとも勝つ確率の高い手を複数もった状態で勝負できる、というのが理由です。
また「8」が2枚揃った場合、手札の合計は「16」です。
ここで考えなければならないのが、ディーラーの絶対的ルールです。
ディーラーは、手札が「17」以上になるまで、ヒットし続けます。
という事は、もちろん相手がバーストしてこちらが勝つ、という事も考えられますが、「どちらがより21に近いか?」という勝負になった場合、「16」では100%勝つことが出来なくなる、かつ、バーストしてしまう確率も高い、いわゆる「弱い手」になってしまうのです。

そのため、手札を2つに分けて、「8」ずつで仕切り直して勝負した方が、勝てる確率を上げることが出来るという訳です。
他にもいくつかオプションはありますが、まずはこの2つを効果的に使うタイミングを繰り返し練習していきましょう。

問題の有無は利用の仕方次第

合法と違法の間のグレーなギャンブル

合法と違法の間のグレーなギャンブル

日本の法律では、公営ギャンブル以外のギャンブルは全て違法ギャンブルとなります。
公営ギャンブルに該当するものは、
『競馬・競輪・競艇・オートレース・宝くじ・スポーツ振興くじ』
と明示されていますので、本来ならばパチンコも違法ギャンブルとなるところです。
しかし、パチンコは違法ギャンブルを取り締まる賭博罪にあたらないよう、三店方式という方法を用いて違法でも合法でもないグレーなギャンブルとして運営しています。

オンラインカジノもこうしたパチンコと同じくグレーなギャンブルなのですが、パチンコとは違い意図的に賭博罪から逃れているのではありません。
オンラインカジノは海外のカジノ合法国により認可を受けているギャンブルで、運営会社もサーバーも海外に置かれています。
賭博罪というのは、元々胴元を取り締まることに重点を置いた法律であるため、胴元と張り子の両者が同時に同じ場所にいなければその効力は発揮されません。

オンラインカジノの場合は、まず胴元は海外にある海外の運営会社となります。
そして賭場にあたるサーバーも同じく海外に置かれています。
日本人がオンラインカジノにアクセスしプレイした場合、胴元は海外、プレイヤーは日本国内にいることになるので、胴元と張り子両者が同時に同じ場所に存在するという賭博罪の条件に当てはまりません。
また、オンラインカジノは海外では合法ギャンブルとして運営されているので、日本の法律ではどうすることもできません。

こうした賭博罪の条件に当てはまらないことから、オンラインカジノは合法、違法の間であるグレーなギャンブルとなっています。

違法ではないことを強調するインカジの存在

違法ではないことを強調するインカジの存在

オンラインカジノはグレーなギャンブルであるため、個人的な利用であれば法により罰せられることはありません。
こうしたオンラインカジノの違法性のなさを強調し、利用客を集めているのがインカジです。

インカジとはインターネットカジノのことですが、日本国内で開かれているインカジは全て違法運営の店なので、どんな理由があれど利用すると賭博罪によって罰せられます。
それではインカジとオンラインカジノは一体何が違うのかというと、違うのはその運営スタイルだけで、インカジもオンラインカジも内容は変わりはありません。
インカジは、オンラインカジノを利用したパソコンを利用者に与えプレイさせます。
その際、利用者はまずインカジ側から現金でチップを購入し、そのチップを使ってゲームをプレイします。

オンラインカジノの個人的な利用の場合、胴元と賭場は海外にあることになりますが、オンラインカジノをプレイさせるインカジの場合は、インカジが胴元となり、オンラインカジノというゲームを客にプレイさせたということになります。
これは胴元と張り子が同時に同じ場所にいるという、賭博罪の条件を完全に満たすことになるので、インカジ・利用者共に法の裁きを受けることになります。

しかし、テレビのニュースなどでインカジ店、利用者が逮捕されたという話は今でもよく見聞きすると思います。
なぜ、リスクを冒し違法ギャンブルに手を出すのかというと、それは違法ギャンブルとわからず利用してしまったからです。

インカジの客引きはどうにかして客を店に連れ込もうと、まずはオンラインカジノの違法性のなさを説明してきます。
そうした客引きの口説き文句に多くの方は納得してしまいます。
なぜならば、オンラインカジノ自体には確かに違法性がないからです。

そして、違法性のなさに加えて、ペイアウト率が96%以上の勝ちやすいギャンブルだとか、1億円以上の高額賞金を得られるチャンスがあるだとか、オンラインカジノの魅力を次々と口にしてくるため、違法性がなく、そんなに魅力的なギャンブルならばとつい客引きについっていってしまう方が後を絶ちません。

どれだけ客引きがオンラインカジノの安全性、魅力を口にしても、それはオンラインカジノを個人的に利用した場合のことですので、誤ってもインカジに入店したりしないようにしましょう。

ギャンブル依存症の危険

ギャンブル依存症の危険

オンラインカジノは世界的に見ても魅力のあるギャンブルで、その魅力の虜になり、深くオンラインカジノにハマってしまう方も少なくありません。
余裕で億を超える一攫千金を狙うことも可能ですし、年中24時間好きな時にプレイすることもできます。
他にもペイアウト率が高く勝ちやすかったり、ゲーム数が1000種類もあったりと他のギャンブルにはない魅力が多くあるため、オンラインカジノから抜け出せなくなり、結果ギャンブル依存症になってしまう場合があります。

オンラインカジノにおいての日本人プレイヤーの数はそう多くはないので、パチンコやパチスロ等に比べるとギャンブル依存症になってしまう方は少ないですが、世界では多くの方がオンラインカジノによるギャンブル依存症に悩んでいます

ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルをしていないと不安になり落ち着きを失ってしまいます。
オンラインカジノは年中無休24時間営業で運営しているので、営業日、営業時間が決まっているその他のギャンブルよりも重度のギャンブル依存症になってしまう可能性があります。
オンラインカジノを利用する場合は、ギャンブル依存症の危険が潜んでいるということを念頭に入れて、熱くなりすぎないように気をつけましょう。

オンラインカジノが歩んできた道

オンラインカジノの始まり

オンラインカジノの始まり

オンラインカジノの始まりは1994年にさかのぼります。
イギリス連邦加盟国アンティグア・バーブーダという国から始まります。
この国でオンラインカジノライセンスの発行に関する法律が可決され、オンラインカジノが法律に則って運営できるようになりました。

アンティグア・バーブーダという国は耳慣れない国ですが、カリブ海東部に位置していて、アンディグア島、バーブーダ島、テドンダ島からなる国です。
1667年にイギリスの植民地となり、1981年にイギリス連邦加盟国として独立した国です。

1994年の法律の制定に伴い、現在もオンラインスロットのプロバイダーでもある「Micro Gaming」社も設立されています。
オンラインカジノが登場したのは1996年に設立された「インターカジノ」が最初になります。
「インターカジノ」は現在も運営されており、日本人のユーザーも多くいます。

「インターカジノ」を運営するのは「Dumarca Gaming Ltd.」という会社で、親会社は「Jackpotjoy plc」です。
「Jackpotjoy plc」はトロント証券取引所に上場されている企業です。
以降、1998年に「ジャックポットシティー」、2000年に「チェリーカジノ」、2001年に「Net Bet」が運営をはじめ、毎年のように新しいオンラインカジノの運営が始まっています。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは様々な構成の上で成り立っています。
その中心に位置するのはオンラインカジノ会社です。
その他の主な要素は次の通りです。

ライセンス発行政府

オンラインカジノを設立するには合法国政府の発行するライセンスが必要になります。
ライセンスが発行できる国はその国でオンラインカジノの運営が法律で認められている国です。
運営する会社に問題がないか厳しい審査を行い健全な運営を求め、厳しい管理を行います。

ソフトウェアプロバイダー

ゲームを配給するゲームプロバイダーが存在します。
このプロバイダーにもライセンスがあり、ライセンスを取得している会社でないとゲームを配給することができません。

監査機関

監査機関は複数存在しており、ゲームのプログラムに問題がないか、ペイアウト率は守られているかなどを常に監査しています。
また、同時にマネーロンダリングなど犯罪組織とのつながりがないかなども厳しく調査を行います。

決済会社

チップの購入や払い出しを行う会社です。
オンラインカジノに資金を入れなければなりません。
様々な通貨や様々な地域への対応をするためにも必要な役割です。

プレイヤー

もちろん遊ぶ私たちも重要な構成要素です。

このように様々な構成要素が集まることで成り立っているのがオンラインカジノの仕組みです。

オンラインカジノの魅力と特徴

オンラインカジノ最大の魅力は「ラスベガス」や「マカオ」、「韓国」などランドカジノがある海外に出かけなくとも自宅でカジノの興奮を味わえるところです。
しかも時間を選ばずにいつでも遊ぶことができるの魅力と言えます。
「オンライン」という言葉示す通り、インターネットのつながる環境にさえあれば、いつでも、どこでも遊べる特徴があります。

オンラインカジノの法的な位置や違法性・合法性

オンランカジノに関する法律の定められた国や地域では合法です。
しかし、中にはオンラインカジノを禁止する法律のある国もあります。
よく知られたところでは、「ラスベガス」で有名なアメリカはオンラインカジノが禁止されています。
オンラインカジノが合法か、違法か判断するためにはその国にオンラインカジノに関する法律が定められているかが判断の基準になるのです。

では、私たち日本はどうなのかと問えば、オンラインカジノに関する法律がありません。
しかし、法律で賭博行為は禁止されています。
オンラインカジノを利用すれば賭博をしているとみなされそうですが、オンラインカジノは日本では認められてもいないし、禁止もされていないとの実情があります。
その為、現在は「グレー」な位置づけにある状態となっています。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

 基本、詐欺やインチキは存在しません。
それは複数の機関が常に監査し、調査を行う仕組みが作られているからです。
万が一、不正が発覚すればライセンスがはく奪され運営が行えなくなります。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

このように、不正が行えないほど厳しい監視の目があるのがオンラインカジノです。

オンラインカジノにおけるペイアウト率

主なゲームは概ね97%前後に設定されています。
ジャックポット機能のついているビデオスロットでは94%~95%などのペイアウト率のものもあります。

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

日本で認められている公営ギャンブルと比較をします。
オンラインカジノ同様にペイアウト率を見ると公営ギャンブルの場合は70%~80%に定められています。
オンラインカジノは95%前後の設定ですのでペイアウト率が違うというのは明確な事実です。

とはいえ、ペイアウト率でみればパチスロの設定1程度ですから遊ぶ際には留意したいものです。

長所の優位性と短所の克服を兼ね備えたギャンブル

私達の身近な所では、色々なギャンブルがあります。
街の中にはパチンコがありますし、テレビを見ていると、競馬のコマーシャルやボートの宣伝は流れたりしています。
しかし、これらのギャンブルとは違った新しいタイプのギャンブルが人気を呼んでいます。

ネット対戦ゲーム感覚でできるオンラインカジノ

ネット対戦ゲーム感覚でできるオンラインカジノ

そのギャンブルとは、オンラインカジノというネット活用型のギャンブルです。
インターネットでは、色々なゲームアプリをダウンロートして楽しむゲームの他にオンライン型の対戦ゲームにも人気があります。
この手のゲームと同じような感覚できるのが、オンラインカジノです。

しかも、単純にゲームをしてポイントを増やすのではなく、実際にお金を賭けて配当金を稼ぐことができるので、若いサラリーマンなどの人達が時間つぶしだけやるのではなく、小遣い稼ぎ、副業目的で始めることも少なくありません。

今までのギャンブルと違う点

日本にあるギャンブルと言うと、競馬やボート、競輪に宝くじ、TOTO・BIGなどのスポーツくじがあります。
また、法律ではグレーソーンではありますが、パチンコも身近なギャンブルと言えるでしょう。
これらのギャンブルとオンラインカジノの違いは、「豊富なゲーム数」の中から自分にマッチしたゲームに「手軽に参加」できることでしょう。

「豊富なゲーム数」では、1つのカジノサイトでも400~500種類ものコンテンツが提供されています。
この中で、自分に合ったゲームを探して「手軽に参加」できるのです。
最近のオンラインカジノはパソコンだけでなく、スマホをサポートしているので、インターネットが接続できる環境にいれば、いつでもどこからでも、すぐにカジノをゲームにアクセスして賭けることができます。
これが他ギャンブルとは異なる点です。

数百種類もゲームコンテンツ数ですが、カジノゲームの基本ゲームは、ブラックジャック、ポーカー、バカラ、ルーレット、スロットマシンに集約されていると言っても過言ではありません。
サイトによっては麻雀のコンテンツが公開されている所もありますが、これらのゲームにルールを理解していれば、数百種類もあるゲームで、どのゲームを選択するか迷うことがありません。

そのようなことから、オンラインカジノプレイすることは、「手軽に参加できる」ということも大きな魅力となるのです。

ペイアウト率がいいこともオンラインカジノの魅力

ペイアウト率がいいこともオンラインカジノの魅力

また、他のギャンブルと違う点は、ペイアウト率にも見ることができます。
ペイアウトとは配当金の払い出しのことを意味していますが、そのペイアウト率が色々なギャンブルで比較されることが少なくありません。

ペイアウト率は、プレイヤー全員の賭け金に対する配当金の比率で、その率が大きい程そのギャンブルの払い出す金額が大きく、プレイヤーにとって恵まれた条件かということを指しています。
このペイアウト率が競馬や競輪などと比べて、オンラインカジノの方がいいのです。

ちなみに競馬や競輪などの公営ギャンブルでは80%程度で推移していますが、オンラインカジノでは、90%~95%レベルを維持しています。
しかも、この率はあくまで、カジノのゲームの平均値なので、ゲームによっては、さらにこのレベルを上回るものもあります。

例えばブラックジャックでは、99%ををたたき出していますが、時に100%を超えてしまうこともあります。
これは、カジノの運営側が損をしていることになるのですが、カジノ全体で見ると問題ではないのです。

キャッシュフローの問題も入出金サービスで解決

キャッシュフローの問題も入出金サービスで解決

その一方で、オンラインカジノは他のギャンブルと比べてキャッシュフローの面で不利だと言われています。

キャッシュフローとは、賭け金と配当金を比較した時に、いかに設けて手元に資金を多く残せているかを意味しています。
配当金の戻り額が大きいオンラインカジノですが、稼いだ配当金を現金化するまでの手続きが煩雑なために、キャッシュフローは競馬やパチンコなどのギャンブルと比べて悪いとされているのです。
しかし、この問題も入出金・決済サービスの選択で解決することが可能です。

エイペイズやアイウォレットといったような決済サービスを利用すると、現金化が簡単に行うことができ、コンビニのATMコーナーからでも、現金を引き出すことが可能となることので、この仕組みをオンラインカジノと組みわせることが最善の策と言えます。

始めの手続きが難しいと感じる人もいるかもしれませんが、このステップさえクリアしておけば、その後の現金化は難しいことがありません。
オンラインカジノでプレイする人達はインターネットや電子決済を利用する人が多いので、決して高いハードルとは感じていないようです。

また、賭け金の入金や決済には、ビットコインなどの仮想通貨でできるカジノサイトも増えているので、選択肢の幅が広がっていることも特徴と言えるでしょう。
オンラインカジノはネット世代の人にとっては、時代にマッチした新しいgシャンブルの形態となります。

誠実さこそがオンラインカジノの要

誠実さこそがオンラインカジノの要

オンラインカジノやギャンブルで遊んでいると、必ずと言っていいほど湧き上がってくる疑問があります。
それは「もしかしてインチキされているのでは」という疑問です。
特に、いつもより負けてしまっている時や調子の悪い時などは、その事が頭の中で渦巻いてしまいます。

ここではそうした疑問を解消するために、プレイヤーが運営に対して疑念を持ってしまう理由と、オンラインカジノの管理体制について詳しく紹介したいと思います。

プレイヤーがインチキと感じる状況は決まっている

オンラインカジノで遊んでいる多くのプレイヤーが不正をされていると感じる状況は、みんな似通っています。
資金が殆ど無くストレスが溜まっている、確率的なバイアスがマイナス方向に掛かっている時にプレイしている、低確率の事象により損失を被った、などです。

資金が殆ど無い時にプレイをしていると、どうしてもネガティブな方向へ物事を考えがちです。
負けた時のイメージが強く印象に残るので、例え収支が横ばいでも何か操作をされているのではと考えてしまいます。
では、確率的な問題はどうでしょうか。

起こりうる結果が限定されている試行には、特定の結果が出続ける現象が見られるのは周知の事実です。
例えばサイコロを振り続けると、6の目が10回連続で出たりする現象です。
ゲームをしている際にこの流れに遭遇すると、八百長を疑いやすくなります。
確率的にとても低い事象が2回、3回と連続して出現したりする場合も、こうしたネガティブな感情が湧きやすくなります。

しかしながら、軍資金の少なさはあくまでも個人的な問題であって、オンラインカジノ側の不手際で無い事は明らかです。
確率的な問題に関しても、起こりうる事象はたとえ確率が低くても出現するのは自明です。
もしも「あり得ない」ことが本当にあり得ないのであれば、宝くじやロトの1等、ジャックポットの当選者は永遠に表れないことになります。
つまり、オンラインカジノがインチキや詐欺行為を働いているというネガティブな疑問は、プレイヤー個人の内面から湧き上がってくる感情や憶測によるものなのです。

オンラインカジノの資金の流れは厳重に管理されている

オンラインカジノの資金の流れは厳重に管理されている

オンラインカジノに対する不信感はプレイヤーの心理状態によるものと言われても、まだまだ納得がいかないかもしれません。
そこで、ここではオンラインカジノゲームの仕組みについて説明をしたいと思います。

オンラインカジノゲームの当たり・ハズレやカードゲームで配られるカードなどは、コンピュータープログラムによって生成された「乱数」によって決められています。
そして、この乱数を作成するには、乱数生成装置(RNG)といわれるシステムが使用されています。
RNGは第3者機関によって監視されており、オンラインカジノ側が操作することはできません。
このRNGの使用によりオンラインカジノの資金フローは、第3者機関により間接的に監視されている訳です。

第三者機関により高い透明性が保たれている

先に説明した通り、オンラインカジノのゲームが正しく運用されているかは第3者機関によって調べられています。
例えば、RNGは厳重なテストによって統計的なペイアウト率が調査されます。
このテストによりRNGのプログラムに不正がされていないか、正しく機能しているかが調べられるのです。

こうした徹底的な調査をクリアしたゲームだけが、オンラインカジノのゲームとして仲間入りをする事ができるのです。
このように、第3者機関による厳しい監視が常にありますから、利用者が考えるようなイカサマや詐欺行為の入る余地はありません。
そもそも利用者1人1人の資金をちまちま奪う行為は、ライセンスのはく奪というリスクを考えたら到底割に合わない行為なのです。

オンラインカジノはペイアウト率が高い

オンラインカジノはペイアウト率が高い

一般の人達にあまり浸透していないのですが、カジノというのはカジノ側と客の取り分が51対49になっていれば成立する商売なのです。
お互いが50のお金を出し合った時の配当が51対49です。
つまり、カジノ側の取り分は差し引きで2だけよく、お客の身ぐるみを剥がしてまであこぎな商売をする必要がありません。

もしもオンラインカジノ側が利益を増やしたいのであれば、利用客を増やせば良いだけです。
世界中のオンラインカジノが質の高い、様々なサービスやサポートを提供し続けているのは、こうした理由があるからなのです。

オンラインカジノが僅かな取り分で運営している証拠として「ペイアウト率」があります。
他のギャンブルと違い、オンラインカジノは少しの取り分があれば良いわけですから、自然とペイアウト率が高くなります。
例えば、競馬やパチンコのペイアウト率が70~80%にとどまっているのに対して、オンラインカジノのペイアウト率は97%以上となっています。
他のギャンブルと比較しても資金の目減りが小さく、大きなチャンスもあることがオンラインカジノの人気と魅力に繋がっているのです。

まとめ

オンラインカジノにはどうしてもネガティブなイメージがつきまとってしまうので、不正をされているのではと考えてしまっていたと思います。
しかし、オンラインカジノの仕組みやチェック体制を知ってしまえば、そのような考えは誤りであったと気付いてもらえたはずです。

現在、殆どのオンラインカジノは健全に運営され、魅力的なゲームとイベントが展開されています。
良からぬ考えが湧いてこないように余裕のある資金で、今まで以上にオンラインカジノを楽しんで下さい。