問題の有無は利用の仕方次第

合法・違法の間のグレーなギャンブル

日本の法律では、公営ギャンブル以外のギャンブルは全て違法ギャンブルとなります。
公営ギャンブルに該当するものは、
『競馬・競輪・競艇・オートレース・宝くじ・スポーツ振興くじ』
と明示されていますので、本来ならばパチンコも違法ギャンブルとなるところです。
しかし、パチンコは違法ギャンブルを取り締まる賭博罪にあたらないよう、三店方式という方法を用いて違法でも合法でもないグレーなギャンブルとして運営しています。

オンラインカジノもこうしたパチンコと同じくグレーなギャンブルなのですが、パチンコとは違い意図的に賭博罪から逃れているのではありません。
オンラインカジノは海外のカジノ合法国により認可を受けているギャンブルで、運営会社もサーバーも海外に置かれています。
賭博罪というのは、元々胴元を取り締まることに重点を置いた法律であるため、胴元と張り子の両者が同時に同じ場所にいなければその効力は発揮されません。

オンラインカジノの場合は、まず胴元は海外にある海外の運営会社となります。
そして賭場にあたるサーバーも同じく海外に置かれています。
日本人がオンラインカジノにアクセスしプレイした場合、胴元は海外、プレイヤーは日本国内にいることになるので、胴元と張り子両者が同時に同じ場所に存在するという賭博罪の条件に当てはまりません。
また、オンラインカジノは海外では合法ギャンブルとして運営されているので、日本の法律ではどうすることもできません。

こうした賭博罪の条件に当てはまらないことから、オンラインカジノは合法、違法の間であるグレーなギャンブルとなっています。

違法ではないことを強調するインカジの存在

オンラインカジノはグレーなギャンブルであるため、個人的な利用であれば法により罰せられることはありません。
こうしたオンラインカジノの違法性のなさを強調し、利用客を集めているのがインカジです。

インカジとはインターネットカジノのことですが、日本国内で開かれているインカジは全て違法運営の店なので、どんな理由があれど利用すると賭博罪によって罰せられます。
それではインカジとオンラインカジノは一体何が違うのかというと、違うのはその運営スタイルだけで、インカジもオンラインカジも内容は変わりはありません。
インカジは、オンラインカジノを利用したパソコンを利用者に与えプレイさせます。
その際、利用者はまずインカジ側から現金でチップを購入し、そのチップを使ってゲームをプレイします。

オンラインカジノの個人的な利用の場合、胴元と賭場は海外にあることになりますが、オンラインカジノをプレイさせるインカジの場合は、インカジが胴元となり、オンラインカジノというゲームを客にプレイさせたということになります。
これは胴元と張り子が同時に同じ場所にいるという、賭博罪の条件を完全に満たすことになるので、インカジ・利用者共に法の裁きを受けることになります。

しかし、テレビのニュースなどでインカジ店、利用者が逮捕されたという話は今でもよく見聞きすると思います。
なぜ、リスクを冒し違法ギャンブルに手を出すのかというと、それは違法ギャンブルとわからず利用してしまったからです。

インカジの客引きはどうにかして客を店に連れ込もうと、まずはオンラインカジノの違法性のなさを説明してきます。
そうした客引きの口説き文句に多くの方は納得してしまいます。
なぜならば、オンラインカジノ自体には確かに違法性がないからです。

そして、違法性のなさに加えて、ペイアウト率が96%以上の勝ちやすいギャンブルだとか、1億円以上の高額賞金を得られるチャンスがあるだとか、オンラインカジノの魅力を次々と口にしてくるため、違法性がなく、そんなに魅力的なギャンブルならばとつい客引きについっていってしまう方が後を絶ちません。

どれだけ客引きがオンラインカジノの安全性、魅力を口にしても、それはオンラインカジノを個人的に利用した場合のことですので、誤ってもインカジに入店したりしないようにしましょう。

ギャンブル依存症の危険

オンラインカジノは世界的に見ても魅力のあるギャンブルで、その魅力の虜になり、深くオンラインカジノにハマってしまう方も少なくありません。
余裕で億を超える一攫千金を狙うことも可能ですし、年中24時間好きな時にプレイすることもできます。
他にもペイアウト率が高く勝ちやすかったり、ゲーム数が1000種類もあったりと他のギャンブルにはない魅力が多くあるため、オンラインカジノから抜け出せなくなり、結果ギャンブル依存症になってしまう場合があります。

オンラインカジノにおいての日本人プレイヤーの数はそう多くはないので、パチンコやパチスロ等に比べるとギャンブル依存症になってしまう方は少ないですが、世界では多くの方がオンラインカジノによるギャンブル依存症に悩んでいます

ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルをしていないと不安になり落ち着きを失ってしまいます。
オンラインカジノは年中無休24時間営業で運営しているので、営業日、営業時間が決まっているその他のギャンブルよりも重度のギャンブル依存症になってしまう可能性があります。
オンラインカジノを利用する場合は、ギャンブル依存症の危険が潜んでいるということを念頭に入れて、熱くなりすぎないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です