モンテカルロ法の特徴

どこかでモンテカルロ法は終了することが多いのですが、運が悪いと何度も続けることになり、123から始まっている数字がいつまでも残ってしまいます。2倍の場合は、当たった段階で両端1つを消して、次のゲームをプレイするのですが、意外と負けが続くと消えることが少ないので、当たらなくて困ってしまいます。3倍の場合は2つ消せますが、こちらも当たらないまま残っているとゲームを続けることになります。

終了できる範囲まで行かないと利益が出ない

終了後に利益

モンテカルロ法の特徴として、数字を足すことができない状況まで続ければ、利益をもらうことができます。使っている金額に対して、払い戻しが多くなっている状況になるので、続けていればオンラインカジノで勝つことができます。しかし終了できる状況まで持っていかないと、損をすることがあります。かなり損をしていることもあるので、とにかく数字が消えるまでは頑張っていくことです。
数字を消すためには、当て続けるしかありません。両端の数字が足せなくなるまではゲームを続ければいいので、外れることを恐れず、とにかく的中するまで頑張っていけばいいのです。的中するようになってくると、徐々に利益が出ていることが分かるので、結果的にモンテカルロ法で多くの利益を得ていることもわかってきます。

3倍のほうがすぐに終わることも多い

2倍の場合は両端1つだけ、3倍の場合は両端2つを消すようにしていますが、2倍だと外れている回数が多いと、数字がなかなか消えていきません。しかも両端というのは、1が消えていることが多いので、使っている金額が徐々に増えていることもわかってきます。3倍にしておくことが、モンテカルロ法を上手に使う方法です。3倍なら両端2つが消えるので、すぐに終了することもできます。
特にルーレットでは、12ブロックを狙う方法が3倍に該当しているので、狙いやすいのです。3倍を狙っていれば、2回外れても3回目で当ててしまえば、一気に数字を消して終了させることもできます。モンテカルロ法を使っても、かなり勝てる可能性があるなど、3倍のほうが成功のチャンスは大きいです。
2倍は時間のある時や、お金がない時につかっていくことになります。一方で時間がないけど多くの金額をもらいたいと思っているなら、3倍にしてモンテカルロ法へ挑戦するといいです。こうして3倍の利益がしっかりと得られれば、結構勝っていることに後から気づきます。